1. <cite id="qomhk"></cite>
        <strong id="qomhk"><noscript id="qomhk"><label id="qomhk"></label></noscript></strong>
        <tt id="qomhk"><tbody id="qomhk"></tbody></tt>
      1. <strong id="qomhk"></strong>
      2. <cite id="qomhk"><form id="qomhk"></form></cite>

      3. <cite id="qomhk"><noscript id="qomhk"></noscript></cite>

        <tt id="qomhk"><tbody id="qomhk"></tbody></tt>

        株式會社フジクラ

        R&D
        市場

        情報通信市場

        現在、人々の生活に必要不可欠になっているインターネット、ICT(情報通信技術)。當社ではその黎明期より、「光ファイバ」を中心とした製品を開発することで、情報通信網の構築に貢獻してきました。その情報量は驚異的なスピードで増加し続けており、情報通信市場の重要性は高まり続けています。當社では、「光ファイバ」の新技術開発はもちろん、第5世代移動通信5Gに向けたミリ波通信モジュールや、IoT無線通信技術として色素増感太陽電池を搭載したエネルギーハーベスティングセンサ無線システムの開発も行っています。

        研究開発に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

        エネルギー市場

        當社では1885年よりエネルギー伝送の大動脈である「電線?ケーブル」を開発することで、日本の発展の基盤である電力供給網の構築に貢獻してきました。未來の電力需給最適化構想では、電気自動車のバッテリーも電力供給網の一部になることが期待されています?,F在當社では、電気自動車の普及に必要とされる、急速充電ニーズに対応する為の「大電流充電?高電圧ハーネス」等の開発を行っています。また、將來の高効率化エネルギー社會の実現に貢獻が期待される、「高溫超電導線材」の研究開発も行っています。

        研究開発に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

        エレクトロニクス市場

        現在、人々の生活に必要不可欠になっているスマートフォンを代表とするエレクトロニクス機器。當社は、「FPC(Flexible Planted Circuit)」や「コネクタ」等の機器內配線部品を開発することで、エレクトロニクス機器の高度化に貢獻してきました。これからも、新たにエレクトロニクス機器に対応する開発を進めていきます。また、今後普及が期待されるウェアラブル製品に向けて、伸縮自在な配線材「ストレッチャブルメンブレン」や、製品の超小型化に貢獻する「部品內蔵基板」の開発も行っています。

        研究開発に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

        自動車市場

        當社は1950年代より、自動車用ワイヤハーネスを製造し、自動車市場に貢獻してきました?,F在、自動車市場は100年に一度の変革期と言われており、世界中のカーメーカが技術開発競爭をしている自動運転はもちろん、本格的に普及すると期待されているコネクテッドカーや電気自動車においても高性能な電子システムの役割がますます重要になっています。當社では、全ての電子裝備への電力供給と通信ネットワークを支える自動車用ワイヤハーネスに加え、フジクラの光通信/電力送電/電子材料技術を応用し、次世代の電子電裝システムに貢獻する新技術/新製品を開発して新たな市場を開拓します。

        研究開発に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

        産業機器市場

        當社は古くから參入していた市場に加え、産業機器市場に向けて開発を行っています。當社では、これまで通信用光ファイバで培った幅広い光関連技術を応用し、産業機器用高出力「ファイバレーザ」を開発しました。従來の固體レーザに比べ多くの優位性があり、マーキング?微細加工?溶接?切斷?計測など、様々な分野において普及が急速に進んでいます。これまでの加工を変える「ファイバレーザ」で、産業機器市場に貢獻します。

        研究開発に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

        醫療機器市場

        當社は古くから參入していた市場に加え、醫療機器市場に向けて開発を行っています。これまで通信用光ファイバで培った幅広い光関連技術を応用した、光応用センシング技術で醫療機器市場への貢獻を行います。當社は複數の光応用センシング技術を保有しており、「イメージファイバ」?「內視鏡用極細線カメラモジュール」?「光ファイバセンサ」等、お客様の用途に合わせた製品の提案が可能です。また、MRI裝置への使用が期待される「高溫超電導線材」や、超小型醫療デバイス向けの「部品內蔵基板」の開発も行っています。

        研究開発に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

        PAGE TOP

        小草莓直播app正版,dota2直播的app下载,直播爱豆app下载电脑版